ブログ

【第11話】 虐待は子どもにどのような影響を及ぼすのか・・身体面への影響・・

・・・地球いっぱいの子どもたちの笑顔 児童虐待ゼロ運動ひまわりプロジェクト~・・・

 第11話~第13話は

「虐待は子どもにどのような影響を及ぼすのか」をお届けします。

第11話 ・・・ 身体面への影響

第12話 ・・・ 心理面への影響

第13話 ・・・ 行動面への影響     を予定しております。

 

・・・身体面への影響・・・

身体的虐待のよる打撲傷・あざ(内出血)・骨折・頭蓋内出血などの頭部外傷、内臓損傷、歯の骨折、刺傷のほか

熱湯を浴びせられたり、煙草の火を押し付けられたりする事によるやけどなどが報告されています。

また、ネグレクトでは、必要な医療を受けさせないことによって病気や外傷が悪化したり

不潔な生活による皮膚疾患。、長期にわたって食事を与えなかったり、

栄養の偏りなどによる発育不良や虫歯などが見られます。

性的虐待では、性器や肛門の裂傷やただれ、妊娠、性感染症などが見られる事があります。

さらに心理的虐待では愛情をかけてもらえないことにより、成長ホルモンの分泌が抑制されて

極端に発育が悪くなる事があります(情緒剥奪症候群)。

 

最近、虐待によって身体に障害をもつ子どもが増えているといわれています。

 

<明石書店 図表でわかる子ども虐待 保育・教育・養育の現場で活かすために 才村 純>より

 

 

ページトップへ戻る
Copyright (C) THE SOCIETY OF CHILD SAFETY NET. All Rights Reserved.