ブログ

【第1話】 「虐待」とは。。。

そもそも虐待ってなんでしょう???

子供虐待は大きく4つに分けられます。

・・・身体的虐待・・・

殴る、蹴る、投げ落とす、首をしめる、溺れさせる、逆さつりにする、タバコの火を押しつける、毒物を飲ませるなど、子どもに対する身体的な暴力。

・・・性的虐待・・・

子どもに性交をしたり、性的行為を行うこと。父親(実父、継父)が娘を対象にすることが多い。兄が妹にというように兄弟間で起きる事もあります。家庭外で知人や見知らぬ人から性的暴力を受けることを性的虐待とみることもできます。

・・・心理的虐待・・・

「おまえなんかどうして産んだんだろうね」などと言ったり(ことばによる脅かし)、子どもからの働きかけに応えなかったり(無視)、拒否的な態度を示す事で、子どもの心を傷つける(心理的外傷を与える)事。

・・・ネグレクト(放置、保護の怠慢)・・・

健康状態を損なう程の不適切な養育あるいは子どもの危険についての重大な不注意。例えば家に監禁する、学校に登校させない、重大な病気になっても医者に連れていかない、十分な栄養を与えない、ひどく不潔なままにするなどです。親がパチンコをしている間、乳幼児を自動車の中に放置し熱中症で子どもが死亡したり、誘拐されたりする事件もネグレクトの結果と言えます。

 

虐待の定義はあくまでも子ども側に立ったもので、親の意図とはまったく無関係です。親がいくら一生懸命であったとしても、いくらその子をかわいいと思っていたとしても子どもたちにとって有害な行為であれば虐待です。

 

虐待とは「親の視点」ではなく「子どもの視点」で判断するものです。。

 

 

 

 

ページトップへ戻る
Copyright (C) THE SOCIETY OF CHILD SAFETY NET. All Rights Reserved.