CSA東京

子育て論-part2-。。。

11.07.13

自分の子供は他人の子と比べてどうか、と

どんな親も必ず思い

親は子供にそれを言う。

なぜか、

頭の良い子、スポーツのできる子・・・

いわゆる良い子基準でものを言う。

勿論、

努力をすれば必ず報われるとか、

努力は人を裏切らないとか、

99%の努力と1%の才能だとか、

明言、格言はたくさんあるが、

私はいつも「自分の子だからなぁ~」と考える。

体育と、数学以外オール2の私と、オール3の妻から

決して、オール5の子供が生まれ育つわけもなく、

だから私は、もし育ったら、

それはそれで嬉しいが、自分が出来なかったことを

子どもに対し、

プレッシャーを与えたり、変な期待をかけなければ

気は楽だ。

オール3でも取れば、私はすごいと感心し褒める。

そして私自身もそれで嬉しい。

常識を持って、

挨拶ができ、

礼儀を知り

人の痛みを感じられれば

それだけで立派に生きていける。

自分の子を

人の子と比べる必要なんて決してない。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る
  • 児童虐待ゼロ宣言
  • チャイルドホットライン 0800-123-8600
  • カンガルーホットライン 03-5649-8766
  • 募金・会員の募集
  • サポーターの募集
  • 調査報告・関連法規
  • 全国子育て・虐待防止ホットライン
  • 児童虐待、いじめ、ひきこもり、不登校等についての相談・通報窓口
  • お問い合せフォーム
  • 本部・事業所の一覧はこちらCSA拠点の一覧はこちら
  • スマイルギャラリー
Copyright (C) THE SOCIETY OF CHILD SAFETY NET. All Rights Reserved.